もう一人で悩まないでください

うつ病の増加傾向

うつ病患者が急増した理由

日本のうつ病患者数は、1999年から6年間で2倍に増えました。イギリスやアメリカなどの先進国でも、同じような増加率を示しています。これは社会環境の変化が原因ではなく、新しいうつ病治療薬の発売がきっかけになったという説があります。薬価の高い治療薬を普及させるため、うつ病啓発キャンペーンが大々的に行なわれた結果であるというわけです。 それまでうつ病は、心の弱い人がかかる病気というイメージがあり、治療を受けにくい雰囲気もないではありませんでした。啓発キャンペーンによって、うつ病は誰でもかかる病気という常識が定着し、重症化する前に治療を始められるようになったとしたら、社会にとっては悪いことではないでしょう。

薬と休養で治療できる

最近では色々な種類のうつ病が知られるようになっています。その例として、会社は欠勤しがちだが休日は元気になる現代型うつ病などがあります。はっきりした統計はありませんが、このように定義の不明確なうつ病は、全体の患者数が増えるにつれて、今後も増加していくと考えられます。 うつ病の治療には休養と薬物療法が有効です。薬は脳内のセロトニンやノルアドレナリンのバランスを調節する作用があり、重症の患者には効果がありますが、一定の副作用も見られます。また軽症の場合にはあまり効果がないという研究もあり、多用するのは好ましくありません。 うつ病であると感じたら、医師とも相談の上で、休養と薬を適切に組み合わせることが重要です。

うつ病の実態と症状など

うつ病は名前の通りにうつ状態が続いてしまい精神障害をきたしてしまう病気のことでもあります。自分で自分の思考をコントロールすることが出来なくなるのです。今まで興味だったことや好きだったことに対しても一切興味がなくなってしまいます。そして人間の三大欲求のバランスが乱れてしまうことも多いと言われているのです。心のバランスが取れなくなるとともに身体のバランスもとれなくなってしまうでしょう。 うつ病は発症すると精神面だけではなくて肉体にも影響を及ぼしてしまうこともあります。代表的なのが睡眠障害、摂食障害などです。まずは心から蝕まれていき、次第に身体まで蝕まれてしまう恐ろしい病気ですから早めに治療しましょう。

簡単に治すことが出来ない

うつ病は簡単に治せる病気ではありません。その人の考え方や思考によるものですから、まずはそこから根本を改善する必要があるのです。しかしながら特に大人になってから今まで培ってきた思考を変えるのはとても至難の業でもあります。 自分ひとりの力ではうつ病を治療することは出来ませんから、早い段階で病院へ行き診断を受けることをオススメします。早ければ治りも早いという訳にはいかないかもしれませんが、治療しなければ症状は軽くならないことが多いですし、逆に悪化してしまうこともあります。ですからいずれにしてもうつ病になってしまったら治療は必須になるでしょう。カウンセリングによって考え方を少しずつ矯正していく必要もあるのです。

心の病だけではない

うつ病とは心の病とも言われるように精神的なダメージが溜まってしまったときに発症してしまいます。脳内物質の乱れが原因しており、立派な病気であるというのが現代の見方です。

» 詳しくはこちら

うつ病の原因排除

うつ病の治療はまず原因となっているストレスなどの排除が急務になります。この排除次第で治療期間を短くすることも効果的な治療することも出来ます。人それぞれ原因が異なります。

» 詳しくはこちら

うつ病とものの見方

うつ病を発症してしまった場合は軽度であれば自分で抑えることも出来ます。その一つに思考のチェンジがあり、無理のない考え方やものの見方を変えてみるだけで随分負担がすくなることがあります。

» 詳しくはこちら

治療方法の種類

治療方法がたくさんあるのがうつ病の特徴です。原因となっている要素が一つぉれぞれなためこの原因を取り除くことが大切で、これによって治療方法も異なってきます。まずは心療内科での受診が大切です。

» 詳しくはこちら

メニュー

うつ病の治療の種類

うつ病の治療方法は色々あり、人によって最適な治療方法というのは異なります。一般的な治療方法は医薬品を使用した投薬治療が用いられます。原因の取り除きと最適な治療方法が大事になります。

» 詳しくはこちら