うつ病の原因排除

うつ病の原因とされるストレスを軽減させる事が治療の起点とされており適切なケアにより回復も早くなります

うつ病が発症する原因には、脳神経細胞間の存在する伝達物資であるノルアドネナリンやセロトニンが不足する事で信号伝達が反応して起こるとされています。不足の原因こそがストレスなのです。ストレスの連鎖的反復により、神経伝達系の働きを変化させて、うつ病の症状があらわれます。ストレスを逃してやる事で、発症サイクルを断ち切れます。総じて、その患者の生活習慣と体質的な素質に適した治療を行う必要があり、つまり生活習慣病の改善こそが治療の一端を担うのです。ストレスには神経的ストレスのほかに、身体の歪みである構造的ストレスや化学的ストレス、それから温度と湿度のストレスもあります。そのうちの化学的ストレスとは、主に栄養素の過不足を指します。ある栄養素の過不足であると、その情報が脳に伝達されてストレスを感じます。近年において、鉄分、ビタミンB6、ビタミンB群のひとつとされる葉酸、ナイアシン、蛋白質の欠乏が脳の機能を著しく低下させて、うつ病を引き起こす事が判明しています。加えて栄養素以外でも化学物質や匂いで感知するもの等も化学的ストレスをされます。

化学的ストレスが原因なら生活習慣の改善で病気の進行を抑止できます

栄養素の過不足についてですが、ビタミンB6、B12には気分を落ち着かせ、健康的な神経システムを保つ働きを有しています。ビタミンB6は神経伝達物質の生成に関わり、月経前症候群(PMS)や一部のうつ病等に効果が期待できます。動脈硬化や認知症の発症に関わるホモシステインが高い場合は、葉酸やビタミンB12と共に治療に使用されたりします。更に記憶低下やADHD(注意欠陥・多動性障害)といった治療にもよく使われます。ビタミンB6が不足するとうつ病や不眠、精神的な苦痛といった症状が見られます。また、ビタミンB12が不足すると、疲労、ふらつき、吐き気、動悸、食欲減退、下痢等の症状のほか、更に治療が遅れると、記憶力の低下、困惑、認知症に繋がります。ビタミンB12は主に肉や魚に含まれており、ビタミンB6と違って、ナッツや穀物類、豆類、野菜や果物には含まれておらず、高齢者を始め、ビーガンの人や妊婦、動物性食品を食べない人や腸に問題がある人等は不足しがちなのでサプリメントの摂取が必要とされます。高齢者は特に食欲低下により、ビタミンB12の吸収能力の低下が目立ち、ビタミンB12が欠乏するリスクが高まります。